HOME > ブックチャプター

  • ブックチャプター

    ブックチャプター

    今井むつみ オノマトペはことばの発達に役にたつの? 窪薗晴夫編『オノマトペの謎』第6章 pp103-119. 岩波書店

    Malt, B.C., Gennari, S., Imai, M., Ameel, E., Saji, N., & Majid, A.(2015). Where are the concepts? What words can and can’t reveal. In E. Margolis and S. Laurence (Eds.), The Conceptual Mind: New Directions in the Study of Concepts. Cambridge, MA: MIT Press. 291-326. >> The Conceptual Mind

    Imai, M., & Kanero, J. (2015). The nature of the count/mass distinction in Japanese. In. J.J. Nakayama (Eds.), Handbook of Japanese Psycholinguistics. (In Handbooks of Japanese Language and Linguistics Series) Berlin, Germany: De Gruyter Mouton. 49-80. >> Handbook of Japanese Psycholinguistics

    今井むつみ 言語発達と身体への新たな視点 今井むつみ・佐治伸朗編 岩波講座『コミュニケーションの認知科学』第1巻第1章 pp1-34. 岩波書店

    今井むつみ・佐治伸郎 人と言語 今井むつみ・佐治伸朗編 岩波講座『コミュニケーションの認知科学』第1巻第10章 pp. 259-284.  岩波書店

    今井むつみ (2014) 早期英語教育導入の前に考えなければならないこと。
    子安増夫・仲真紀子(編) 『こころが育つ環境をつくる』 新曜社

    佐治伸郎,今井むつみ. (近刊). 「語彙獲得における類像性の効果の検討:親の発話と子どもの理解の観点から」. 篠原和子・宇野良子「(編) 『オノマトペ研究の射程』:近づく音と意味. ひつじ書房.

    Imai, M. & Masuda, T. (2012). The role of language and culture in universality and diversity of human concepts. In M.Gelfand, CY. Chiu,& Y. Hong ( Eds.). Advances in Culture and Psychology, Vol. 3. Oxford University Press.>PDF

    今井むつみ・佐治伸郎 (2010). ことばの意味を「習得」するとは何を意味するのか:認知心理学からの言語発達理論への貢献. 遊佐典昭(編) 言語の可能性9:言語と哲学・心理学, 朝倉書店, pp115-142.

    今井むつみ・佐治伸郎 (2010).外国語学習研究への認知心理学の貢献:語意と語彙の学習の本質とは何か. 市川伸一(編) 現代の認知心理学5: 発達と教育, 北大路書房

    Imai, M. & Saalbach, H. (2010). Categories in mind and categories in language: Are classifier categories reflection of the mind? In B. Malt & P. Wolff (Eds.), Words and the mind: How words capture human experience. New York: Oxford University Press. 138-164.

    今井むつみ (2008). 事物の認識の普遍性と言語,文化の影響. 長谷川寿一・C.ラマール・伊藤たかね(編)こころとことば:進化と認知科学のアプローチ. 東京大学出版会, 191-210.

    今井むつみ(2008). 人はなぜ言語を持つのか-言語学習における推論を可能にする認知基盤. 中山剛史・坂上雅道(編)『脳科学と哲学の出会い: 脳・生命・心』 第3章 玉川大学出版部. pp. 42-57





    ▲上へ戻る