HOME > 研究活動

  • 研究活動

    研究の関心

    研究を始めてからずっと言語の研究を続けています。
    人はどのように言語(母語)を学習しているのか。
    その前提・基盤となる認知的能力は何なのか。
    そもそも人の心(脳)の中にある辞書はどのような性質のもので、
    どのような構造で語の意味が書き込まれ、
    それぞれの語のつながりはどのように表されているのか。
    言語を学ぶことによってわれわれの概念・思考はどのような影響を受けるのか。

    私はこれらの問題に対し、乳幼児と大人の双方を研究対象にし、
    アメリカ、中国、ドイツなどの研究者とチームを組んで
    発達・異言語比較の視点から取り組んでいます。

    研究に用いるパラダイムは多岐にわたります。
    例えば赤ちゃんを対象にした研究では選好注視法、馴化・脱馴化法、馴化スイッチ法など
    赤ちゃんの視線、注意を利用した方法を用いています。
    今後は脳波なども使っていく予定です。

    大人を対象にした研究では認知心理学の標準的なパラダイム
    (反応時間の測定や記憶、類似性の評価、ソーティングなど)の他、
    脳波の測定やfMRIを使ったイメージング手法なども使っています。

    もうひとつの研究のコアになっているのは、人の学習の認知プロセスを明らかにし、
    教育へ応用することです。

    「学び」という、人間の存在そのものに関わる重要な問題について
    認知心理学・認知科学は数多くの基礎的な知見を明らかにしています。
    それらの知見は直接的・間接的に「よりよい学びとは何か」
    「よりよく学ぶためにはどうしたらよいのか」を考える上で
    大きなヒントになるはずのものです。

    それにもかかわらず残念なことにこれらの成果はあまり一般にはよく知られていないし、
    現在の教育の現場に生かされていません。
    それはそれぞれの成果が人間の認知の基礎的な理解のためには重要であっても、
    それがあつまったときにどのようなことがいえるのか、
    それらが学校における学習や日常におけるスキルの学習などにどのように役に立つのかが
    わかりにくかったせいではないかと思われます。

    認知科学のこれまでの成果をもとに、学習に関して知っておいたほうがよいこと、
    知っておくと役に立つことを互いに有機的に関連づけながら
    学習の本質は何なのかという問題を考えて生きたいと思います。
    その最初の一歩として野島久雄さんと共著で「人が学ぶということ」を書きました。

    研究活動

    人はどのように言語(母語)を学習しているのか。
    その前提・基盤となる認知的能力は何なのか。
    そもそも人の心(脳)の中にある辞書はどのような性質のもので、
    どのような構造で語の意味が書き込まれ、
    それぞれの語のつながりはどのように表されているのか。
    言語を学ぶことによってわれわれの概念・思考はどのような影響を受けるのか。

    これらの深淵かつ刺激的な問題に対し、
    乳幼児と大人の双方を研究対象にし、
    アメリカ、中国、ドイ ツ、イギリス、オランダなどの研究者とチームを組んで
    発達・異言語比較の視点から取り組んでいます。

    最終的に人間の本質を理解するために言語と発達の研究を続けていきたいです。
    外国語教育、科学教育にも興味があり、認知科学の研究成果を教育にいかに生かすか
    という問題に取り組んでいます。

    プロジェクト

    現在、主に2つのプロジェクトを行っています。

    1. 言語と脳科学プロジェクト

    言語と脳科学プロジェクトでは、
    先端をいく実験手法と乳幼児の言語発達や多言語比較の研究を通して
    言語と脳の関係に迫ります。

    2.教育プロジェクト

    教育プロジェクトでは認知心理学のさまざまな知見を教育へ応用し、
    「よりよい学び」を実現する教育カリキュラムのデザインを目指しています。
    東京コミュニティスクール(http://tokyocs.org/)と協力して、
    単に公式や事 実を覚えるということではなく、
    自分から勉強する姿勢とそのためのスキルを学び、
    「探求する力」をはぐくむためのカリキュラムをデザインすることが目標です。
    具体的には「日本の教育を変える!」プロジェクトをご覧ください。





    ▲上へ戻る