HOME > アウトリーチ活動

  • アウトリーチ活動

    ABLE – 認知科学と教育をつなぐ


    ABLE
    -Agents for Bridging Learning research and Educational practiceは,
    教育にイノべーションを引き起こすために、
    志ある人々をつなぐ国境を越えたコミュニティです。

    認知科学を中心にさまざまな領域の研究者、
    教育実践を日々行っている人々,
    社会変革の担い手となるべく
    強い思いを抱いている人々とを橋渡しし,
    理論, 知識, 経験をシェアし, 新たな知を創造してゆきます。

    >2012年からの開催情報 Able Archives 2012-2016はこちら

     

     

     

    ITS -Inqurers Team Shonan


    ITSはさまざまなバックグラウンドを持つ人々とともに
    「発見し、創造する学び」を教育の手法として
    実現することを目指すコミュニティです。

    慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスを拠点に、
    湘南地域の先生たちとの研究会を発端とした集まりです。
    「発見し、創造する学び」を
    いかにして教育の手法として実現してゆくか、
    学校の先生や研究者のみならず、
    さまざまなバックグラウンドを持つ方たちとともに
    構想してゆくことを目指しています。

    フラットでフランクでフリーな関係の中で、
    教育のあり方について探究する探究者として…
    いつでもThinkingし、いっしょにTalkingし、
    いろいろたくらむSalon
    それが、ITS(Inqurers Team Shonan)です。

     

    >Facebookページはこちら
    >公式ホームページはこちら

    ワークショップコレクション ブース出展 – 今年は8/29-30に開催


    2013年の3月9日から2日間
    慶應義塾大学日吉キャンパスで行われた
    第9回ワークショップコレクションに出展しました。

    このワークショップコレクションは、国内最大規模の
    “子ども向けワークショップの博覧会”といわれ、
    100団体を越える一般企業や大学が出展者となり、
    のべ10万人の来場者を記録する大規模なイベントです。

    今井むつみ研究会のブースでは、
    おもちゃの車を用いた模擬実験によって、
    子どもたちに「仮説検証」などの科学的思考を
    身につけてもらうためのワークショップを出展しました。

    ワークショップの内容は報告書にまとめましたので、
    > こちらからダウンロードしてご覧下さい。

    >公式ホームページはこちら





    ▲上へ戻る